Skyland Venturesブログ

The Seed Maker.

B Dash Camp 2017 Spring in Fukuokaに参加しました

f:id:skylandvc:20170319090604p:plain

今週は、独立系VC B Dash Venturesの開催する国内最大級のスタートアップイベントであり、上場企業の経営者・VCなど600名ほどが参加するB Dash Camp 2017 Spring in Fukuokaが開催され、参加してきました。

 

B Dash Camp U25 Summitの初開催

毎回素晴らしいコミュニティと感謝する一方、次世代を担う若手起業家の参加者数がとても少ないと感じており、渡辺 洋行さん 西田 隆一さんにお願いしてB Dash前日にU25サミットを開催することになりました。

 

・gumi CEO國光さん、クラウドワークスCEO吉田さん、フリークアウトCEO佐藤さんをゲストにしたIPOセッション

・スリーミニッツCFO石倉さん(グリーへ売却)、App Vador CEO佐野さん(KDDIへ売却)、Candle CEO金さん(CROOZへ売却)をゲストにしたM&Aセッション

の2部構成となるシークレットセッションに20名ほどの若手スタートアップが参加し、セッション内容は満足度も非常に高いものになりました。

 

また、B Dash Campにはセッションコンテンツもありますが、ネットワーキングも同じくらい重要な場です。初回参加者にとって、顔の知らない人も多くネットワーキングにハードルを感じる場合が多いのですが、今回のU25サミットはそのアイスブレイクのような場としても良いものだったように感じています。

 

f:id:skylandvc:20170319090709p:plain

 

f:id:skylandvc:20170319090721p:plain 

創業期に、適切にスタートアップコミュニティに入ることが重要

また、今回はSkyland Venturesの投資先も誘導し、6社のスタートアップが参加させて頂きました。

1年前の開催時のB Dash Campにはシード3社を連れて参加し、2社がシリーズAを完了、1社はビッグマーケットで戦う方向性を決めシリーズAを間もなくという状態です。

今回改めて思ったことは適切にスタートアップコミュニティに入ることが必要ということです。

創業3-4年経って仮にプロダクトがスパイクしてないと参加しづらいので、創業したてのプロダクト準備中からすぐにコミュニティに入り、大きな事業を創っている起業家に触れて距離感を掴む必要があると思っています。

今後、新規投資先は全社連れて行くつもりでやって行きたい。

 

資金調達と事業成長のサイクルもB Dash Campから

これまた1年前の開催のB Dash CampにてCROOZ CEO小渕さんに久しぶりにお会いして、CROOZからのSkyland Venturesファンドへの出資が決まり、Candle金さんはCROOZグループ入り、SCOUTER 中嶋さんはCROOZから出資を受けて急成長中しています。全てB Dash Campでのご縁から。感謝しています。 一つのキッカケから色々と縁が続くものです。日本のスタートアップコミュニティによって僕らは資金調達して、事業を思いっきり推進出来ていると思っていて、このような場に非常に感謝しています。

f:id:skylandvc:20170319092023p:plain

 

今週はB Dash Campに参加させて頂きました。... | Facebook

1年前のB Dash CampとのBefore、After。... | Facebook

最高に大好きな起業家アドウェイズ 岡村 陽久さんとも会えるB Dash Camp!... | Facebook

吉田ファミリーです。ご馳走様でした。 | Facebook

B Dash Campの反省会 @ #HiveShibuya... | Facebook

B Dash Camp - <B Dash Camp 2017 Spring Fukuokaのみどころ>... | Facebook

 

起業家参加者のブログ

yu - 20歳がB Dash Camp Spring in Fukuokaに参加して学んだこと。「第3の波」とは? - Powered by LINE

http://lineblog.me/itamae/archives/269351.html

 

スタートアップ招待制カンファレンスB Dash Camp2017に参加して学んだこと - ワンダーナッツ社長のブログ

http://wondernuts.hatenablog.com/entry/bdashcamp2017

 

B Dash Camp 2017 Spring in Fukuoka関連ブログ

「スマホ成熟社会」の次は、どのような世界か | インターネット | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

http://toyokeizai.net/articles/-/163541

 

「直接的にサービスがないものには可能性がある」ーー日米一体開発のメルカリが語るグローバル展開の状況 #bdash - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

http://thebridge.jp/2017/03/mercari-go-global-b-dash-camp

 

資金があれば全国際空港にSIMロボを設置してアジアを一気に獲りたいーー訪日外国人向けアプリ「WAmazing」がB Dash Campで最優秀賞を獲得 - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)
http://thebridge.jp/2017/03/b-dash-camp-2017-spring-in-fukuoka-wamazing

 

 

 

 

 

投資先ネインがSXSWにてヒアラブルデバイスAPlay Pulseを発表しました

f:id:skylandvc:20170319080836p:plain

ネイン、SXSWにてヒアラブルデバイスAPlay Pulseを発表

Skyland Venturesの投資先Nainの提供する新ヒアラブルデバイスであるAPlay Pulseを、テキサスにて開催される先端テクノロジーと音楽の祭典 SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)にて発表しました。

 

APlay Pulseは、ウェアラブル技術によって、「離れて暮らす恋人の存在を身近に感じられるようなコミュニケーションを実現させるデバイス」です。

 スマートフォンと連携し、片耳に装着してヘッドホンのハウジング部分にあるボタンを押すというシンプルな操作だけで、パートナーとの音声メッセージをやり取りができる。APlay Pulseも“Amazon Alexa”を搭載したヒアラブルデバイス。Amazon.comの音声アシスタント「Alexa」に話しかけ、さまざまな手助けをしてもらえ、長押しすると音声メッセージを送信できる。

 

当日のブースの様子

 

 

 

公式WEBサイト及び関連記事

APlay Pulse Coming soon. – Nain

http://www.nain.jp/aplaypulse/

 

ASCII.jp:日本発の独自ガジェットはどのようにSXSWで受け入れられたのか|SXSW 2017 Interactiveレポート

http://ascii.jp/elem/000/001/452/1452237/

 

遠距離にいる恋人に「耳元」で愛をささやけるピンクのイヤホン―APlay Pulse - エキサイトニュース

http://www.excite.co.jp/News/it_g/20170310/Jic_202326.html

買取価格比較サイト「ヒカカク!」運営のジラフへ投資しました

f:id:skylandvc:20170316113158j:plain

Skyland Venturesは、買取価格比較サイト「ヒカカク!」運営のジラフのアーリーステージの資金調達にて投資いたしました。

 

East VenturesやTLMからのシードラウンドでの資金調達を行っているのもあり、よく僕らの運営するコワーキングスペースである#HiveShibuyaを利用されていて、その度にヒカカクの事業進捗や組織・採用のことを意見交換していて、素晴らしい起業家だと思っていて、次のラウンドがあるなら声をかけて欲しいと伝えて今回の増資のタイミングでSkyland Venturesからも投資させて頂きました。

 

下記の記事にもある通り、ジラフCEOの麻生さんは、完全審査制 AIビジネスマッチングアプリ - yentaで今回の投資家であり経営幹部としてジョインするポケラボ創業者の佐々木さんとも出会っています。佐々木さんという素晴らしい方が来てくださったことは言うまでも無いことです。

jp.techcrunch.com

 

ただ、ここで触れておきたい大事なことは、ジラフCEOの麻生さんがYentaを通じて出会ったのは佐々木さん一人ではなく、何十人といたことだと思います。

 

投資先含めてプロダクトの方向性が決まった後の、シードアーリーステージのスタートアップからなされるVCへの相談のかなり大きなものは採用・組織であることが多いのですが、通常の採用媒体に加え、独自なものをしなければならないわけで、Twitterをやろう、Yentaをやろうというのを言ってもなかなか手が足らなかったり、継続が難しいものです。

 

それらの面倒なことを継続してやり続けているからこそ、創業2年のジラフには素晴らしいメンバーが集まってきているのだと思います。これからのジラフが楽しみです。ぜひ引き続きよろしくお願いします。

 

Facebook

 

資金調達関連ニュースは下記など

・株式会社ジラフはポケラボ創業者の佐々木氏、アドウェイズ、ドリームインキュベータ等から1.3億円の資金調達を完了しました。 | 株式会社ジラフ

http://jiraffe.co.jp/news/2017/03/15/174/

・TechCrunch:買取価格比較サイト「ヒカカク!」運営のジラフが1.3億円の資金調達、ポケラボ創業者が参画
http://jp.techcrunch.com/2017/03/15/jiraffe-raised-01/

・The Bridge:買取相場の比較サイト「ヒカカク!」運営が1.3億円調達、ポケラボ創業の佐々木氏が執行役員で参加
http://thebridge.jp/2017/03/hikakaku-running-company-raised-130m-yen-from-several-angels

・pedia:「いまのジラフは、ポケラボの創業期を思い出す」シリアルアントレプレナー、ポケラボ元代表の佐々木氏がジラフに参画 総額1.3億円の資金調達を実施 新たな事業フェーズへ挑む

https://thepedia.co/article/2263/

・TechWave:ポケラボ創業者 佐々木氏、ヒカカク運営のジラフにリード投資および経営参画

http://techwave.jp/archives/hikakaku-fund-raising-with-mr-sasaki-as-pokelab-founder.html

 

ちなみに、ヒカカクCEO麻生さんはこんな方です。