読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

STARTUP STUDIO

STARTUP or DIE!

AR・VRアプリ セカイカメラから7年後、2016年井口尊仁氏の新たな挑戦

投資先

 

f:id:skylandvc:20160221232225j:plain

 

AR・VRアプリとして世界を驚かせたセカイカメラから7年が経ち、AR・VRの市場が本格化しつつある。Skyland Ventures 2号ファンドよりシリアルアントレプレナー井口尊仁氏のスタートアップ DOKI DOKI, INC.へ投資させて頂いた。

 

井口さんのセカイカメラからの振り返りポストもぜひご覧ください。

セカイカメラから7年。 7年経つと、自動運転カー・プロジェクトもテイクオフするし(開始は2010年)メガネ型コンピュータプロジェクト(開始は2011年)も一段落するし、iPhoneは3GSから6Sに進化するし(iPhone 3GS発売が2009年)iPadも当たり前になるし(第一世代の発売が2010年)FACEBOOKアクティブユーザーは五億人を超えるし、その映画も実現する(映画化と五億人超えが2010年)し、SkypeNokiaマイクロソフト傘下に入る(Skype買収完了が2011年でノキアの買収完了が2013年)し、Oculus Riftフェイスブックに買収されるし、Android1.6(2009年)はAndroid 6.0(2015年)にバージョンアップする。 つまり、世界は一変して、当時は誰も知らなかったAirBnB(サイト開始が2008年)やUber(設立は2009年3月)がユニコーンとして素晴らしい地位を築く。要するに光陰矢のごとし、少年老いやすく学なりがたし。世界を変えるのは一瞬だってことですね!ますます頑張ろう!

Posted by Takahito Iguchi on Thursday, February 18, 2016
 
井口さんからは何が起きるか予測出来ない。ただ、新しいチャレンジをし続けてくれるはずだ。新しいことをやめたらスタートアップは死ぬようなものだ。彼に託したいのはシリコンバレー発の日本人スタートアップの大成功だ。Skyland Venturesとして、応援し続けます。