Skyland Venturesブログ

The Seed Maker.

若手の言うことを聞くことが投資の失敗を防ぐコツ

 

ベンチャーキャピタル運営5年の中での大失敗 

僕のSkyland Ventures 始めて以来の5年の活動の失敗だなと思うのは
・アソシエイト Yoshitaka Okayama氏
・投資先の若手起業家
からの推薦の投資をたくさんたくさん断ってきたことである。

 

投資するかどうかを真剣に考えずに理由付けて断って来てばかりだったけど。それがダメだと思ったのが2年くらい前の2015年あたり。以来、岡山氏、若手起業家からの推薦のシード・アーリーステージは全部投資するつもりで話してます。

 

結果的に合意に至らないケースもありますがこれからも、若手の言うことを聞いて投資を決めて行きたい。

 

著名VCの語る投資の失敗の本質

 

メルカリやgumi、グノシーなどの初期投資家として著名なEast Ventures松山太河さんも下記のように振り返る。

 

<投資の失敗について> 
僕のような小型のアーリーステージの投資組合にとっての投資の損失というのは、そもそもの掛け金が比較的小さいので、全損であっても影響は小さい。
最大の投資の失敗というのは、目に見えない「投資すべきだったのに投資しなかった」機会損失にあるように思える。

代表的な失敗事例をあげておきます。

・グリー初期にの元ネットエイジで一緒に働いていた山岸氏(現副社長)から相談を受けた際に、時価総額が×億で高いな~と思った。→いまでは東証一部の時価総額数千億の日本を代表する会社に。
・当時まぐまぐでアルバイトしていた佐野君が料理サイト作ってて、当時僕は、「趣味のサイトか~ ひまなのかな~」と思っていた。→月間UU2000万人のクックパッド

・アクセンチュア時代の先輩吉松さんに喫茶店によびだされて、当時まだ大学生だった田中良和氏と一緒に話を聞いて、化粧品のメルマガを出すんだ、と説明された時には「吉松さん!!オトコなのに!!!」と思って、どうやって資金の相談につながらないようにするか、懸命に話をそらしていた。→@コスメ大成功 一部上場おめでとうございます!

・eGroupsの日本法人取締役を引き受ける際に、サンフランシスコで、eGroups創業者1人のカール・ページから、今度弟が起業して検索サイトを始めたんだ、と弟さんを紹介されたけど、「え!いまさら!検索エンジン!!!アルタビスタかよw!Gooooogle!死ぬほどスペルうちにく!」と思った。
あと弟が兄より出世するなんて、ありえないと自信を思っていた。
→ラリー・ページは、その後神速で世界制覇

・ネットエイジ時代に西川さんとシリコンバレーの「Idealab」を訪れた際に、小さなスペースに机がちょこっとだけあったOvertureを見つける。ビジネスモデルを聞いたら、「検索結果に広告を差し込むんだよ!」と聞いて、帰りしな西川さんと2人で「!!!ぜったいに!!!この会社は!!!ダメですね!!!!!」と確信していた。
→その後Yahoo!が買収、Googleも採用するビジネスモデルに

ちなみにその際に、多数の机とスタッフで大きなスペースをわが者顔で占めていた玩具ECの「eToys」をみて、僕も西川さんも「この会社は勢いがあって!一番成功しそうですね!!!」と言っていた。→デラウェア破産裁判所で2001年倒産
ほんとうにわからないものです。。。

引用 勉強note: 投資の失敗について

 

投資先起業家からの推薦スタートアップへの投資

あまりもう若手では無い投資先ですが、八面六臂 松田 雅也さんからの紹介の会社にも今回アーリーステージで投資させて頂くことになりました。

 

松田さんとはかれこれ5年投資家・起業家としてやっておりますが、彼の初の推薦の会社なので投資合意に至り良かったです。

 

投資先の紹介であってもなかなか理由を付けて投資できないケースも多い訳ですが、投資先の紹介は全社投資していく方が良いのではないかと思っています。

 

木下 慶彦 - 若手・歳下の言うことは聞いた方がいい。 SVの5年の活動の失敗だなと思うのが、 ・アソシエイト... | Facebook