Skyland Venturesブログ

The Seed Maker.

20歳離れた人と理由なく仲良くしよう

 

20歳離れた人と理由なく仲良くしよう

20-25歳の投資先に、40-45歳のエンジェルやベンチャーキャピタリストの人に投資して貰うようにすると、20歳離れた人達が共に仕事する機会になる。

こういう機会をつくって行きたい。

 

と言うのをふと考えることがあった。

 

20歳離れた起業家と投資家のマッチング

僕らの投資先の中で、現状の連続的成長だけでなく、非連続に成長し、大成功を期待している会社があるのですが、それらの会社には20歳以上年の離れた投資家がいるケースが多いのかもしれない。

 

よろペイ社長の大山敏浩氏とマネックス社長の松本大氏

大山敏浩氏 1991年生まれ

松本大氏 1963年生まれ

 

28歳の差。よろぺイは個人間決済と、暗号通貨領域のスタートアップですが、マネックス松本大氏の支援を受けた後にグローバルブレイン百合本安彦氏が主導した4億円の資金調達を実現し、現在も事業推進をしている。百合本さんも1956年生まれであり、大山氏とは35歳の差がある。これだけの年齢差の人を味方に付けたと言える。

 

f:id:skylandvc:20171113122555j:image

「お金の管理」の再定義、お金の貸し借りをメモできる『よろペイ』がマネックス松本大氏から資金調達 | Pedia News

お金の貸し借りメモアプリ「よろペイ」、運営元が4億円調達——ICO関連事業の展開も視野に | TechCrunch Japan

 

アイデミー社長の石川聡彦氏と東大エッジキャピタル社長の郷治友孝氏

 

石川聡彦氏 1992年生まれ

郷治友孝氏 1972年生まれ

 

20歳の差。アイデミー(Aidemy)はAI分野に特化したプログラミング学習サービスを運営している。彼らの出会いは2名とも東大出身であり、石川氏はAIを大学時代に専攻し、郷治氏は数百億円のVCファンドを代表者として運営しながらもAIなど次世代のテクノロジーを学習するために東大の博士課程にてこの1年学んでいるそうなのですが受講していてその講義の中で出会ったそうです。まだ事業立ち上げに時間のかかるAI領域のスタートアップにおいて東大エッジキャピタルのようなテック領域への理解のあるVCと、そこでの経験を最も培って来た郷治さんの存在は大きなものです。

  

f:id:skylandvc:20171113122608j:image

 

人工知能プログラミング特化型のオンライン学習サービスを手がける株式会社アイデミー、東京大学エッジキャピタル(UTEC)などからシードファイナンスを実施|株式会社アイデミーのプレスリリース

 

 

引用

木下 慶彦 - 20-25歳の投資先に、40-45歳のエンジェルやベンチャーキャピタリストの人に投資して貰うようにする... | Facebook