読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

STARTUP STUDIO

STARTUP or DIE!

スタートアップを始めるために"経験がない"という問題は、もう解決されている

 

f:id:skylandvc:20170228233936p:plain

【勝手にしやがれ!20回記念/アドウェイズ設立16周年記念】中卒だってリスクじゃない!アドウェイズ岡村が語る、新しいことを始める方法

 

スタートアップを始めるために"経験がない"という問題は、もう解決されている

いつも楽しみにしているアドウェイズ岡村社長の勝手にしやがれ!ブログより、とても良いことが書いてあったので紹介したい。元のブログはこちら。

okuri-bunt.hateblo.jp

 

アドウェイズ岡村社長の言うとおりだと思ったのはこのあたり。

 

〜経験がないから始められない人達へ〜

高山:知識や経験がないから(新しいことを)始められない時はどうすればいいんでしょう。

 

岡村:僕はこのインターネットの商売を始める時、パソコンも使えなかったんです。それでよく始めようと思いましたねって言われますけど、逆にその時にインターネットのこと知ってる奴がいたのかって話です。

今インターネットで大きい会社って、その時期に参入して、知らないけどなんとかなった人達じゃないですか。そういう人がこれだけ大勢いるんだから、知らないとか経験がないとかってことは、やるかやらないか決める上でそんな重要じゃないはずなんです。

 

高山:知らないで成功してる人はいくらでもいると。

 

岡村:確かに「経験がない、だからできない」っていうのは本当の話なんですよ。だって経験がないんですから。ただ、これがいつの話かっていうと、実は江戸時代の話なんですよ。

 

高山:江戸時代……

 

岡村:はい。お前経験がないだろ、だからできないだろというのは、江戸時代では本当だったんですよ。ただ、今って平成じゃないですか。平成は、経験がないからできないって繋がらないんですよ。

だってスキューバダイビング始めたかったら、とりあえず道具売ってるお店の人に聞けばいいじゃないですか。本屋行ったら入門書を売っていて、読み込めば下手に経験ある人よりも詳しくなれますよね。だいたい今時グーグルでなんでも調べられるじゃないですか。

 

高山:確かに、いくらでも手段はありますね。

 

グーグルで調べる、本屋に行く、知ってる人に電話する。昔はグーグルも本屋も電話もなかったから、経験がないとできなかったんです。今はグーグルも本屋も電話もあるんで、ここで調べればできるんですよ。

 

高山:そっか、経験がないからできないってのは古いのかぁ。

 

岡村:インターネットができて、そこに誰かの体験や知っていることが共有されてるわけじゃないですか。それを誰でも見れて、人の経験や知識を自分のものにできる。だから、始める上で経験がないっていう問題は、実はもう解決されてるんですよね。

 

何か新しいことを始めるのにあたって、経験よりも、調べる・聞くが大事な時代に

インターネットで情報が一般化されたことで、その業界での数年、数十年の経験よりも、調べることであっという間にラーニングできることが大事な時代になった。

 

調べる方法を具体的にあげるとすれば

・ネット検索(グーグル)

・人に聞く(知人から行くか、ソーシャルメディアなど)

と言ったことによって解決できる。この調べることを細かく繰り返せる人には問題はあってないようなものだ。

 

ちょうど先日イベントに来て頂いた労務のクラウドソリューションを法人向けに提供するSmartHR 宮田 昇始 (@miyasho88)さんに来ていただいた際にも、業界を知らなくても事業を立ち上げられる。それにはやり方とコツがあるという話も。

labs.skyland.vc

 

経験が無いからこそ、前を向いて調べる・聞くをやっていける人がスタートアップすると良いなと思ったものです。