Skyland Venturesブログ

The Seed Maker.

#スピードMTG SEEDSを行っている理由

0.jpg

たった15分?スピードMTG SEEDSとは

U20/25のシードスタートアップに投資するVCであるSkyland Ventures(以下SV)では、毎週水曜日に15分×10本のスピードMTG SEEDSという取り組みを2年超に渡り続けています。ちなみにSEEDSというのはシードスタートアップがたくさんきて欲しいので、SEEDSと名前を付けています。

 

SVが日々行っているイベントをconnpassにてイベントページをオープンして広報していますが、スピードMTG SEEDSも、同じようにイベントの1つとして、掲載しており、自分の予約時間枠のチケットを選び、予約する仕組みになっています。

 

 

Twitterで日々広報しています。 

 

スピードMTG SEEDSは、たった15分ではありますが、集中した15分は、60分のMTGよりも価値があると考えており、真剣にMTGします。この場の15分でSkyland Venturesから投資をオファーするケースもあります。この場で話をして一度、スタートアップする前にインターンをした方が良いとなり、投資先などでフルタイムでインターンをしている人もいます。

 

2018年4月のconnpassページは# 89 スタートアップ・スタートアップ志望者向け #スピードMTG SEEDS(4月)となっているように、初期の方でカウントが漏れていたころもあると思うのですが最低でも89回(89週間)は開催しています。

 

スピードMTG SEEDSを行っている理由

MTGまでのスピード感が重要

おそらく多くの起業家やVC、またそれ以外の方にも活動を広げて行くとあることでしょうが、新しい人とのアポイント調整が2週間後くらいで設定することになってしまいます。

 

僕らの場合においても、日々多くのスタートアップに自らor先方からの問い合わせ・ご紹介などでコンタクトをしていますが、1h毎でアポを入れていると対応するのが2週間後のスケジュール提案となってしまい。そのせいで僕らがシードVCとして選ばれないというのを避けるために始めたのがスピードMTG SEEDSです。

 

これを始めて以降、そもそも僕らに問い合わせを貰った後に、僕ら側がスケジュールをスピーディに提示出来ないために話が始まらなかった会社はほぼ無いかと思っています。

 

VCとのMTG の敷居を下げる

最近、世界的なシードファンドであるY combinatorを改めて少し調べているのですが、[jp]噂のベンチャーファーム、Y Combinatorの実態に迫る(その1) | TechCrunch Japan

にて紹介されているオフィスアワーのような、自由にアクセスできるMTGを多くのVCは持つべきだと思っています。

 

Y combinator(YC)のオフィスアワー

オフィスアワーは週に2〜3日、投資を受けた創業者たちは実際にYCのオフィスにやってきて、PGなどYCのスタッフと議論をする。別に義務ではなくて、好きなときに好きなだけ議論するのだけど、最初の1カ月は製品の構想だけで応募してきた人はその構想をよりよいものにするためにそのアイデアをとことん詰めていく。一方、製品もできて売上もある応募者であれば、その先のマーケットをどうやって広げるか、IPOを目指すのかといった先の話を詰めていく。

 

『オフィスアワー』の一般的な意味合いは、大学で、教員が学生の質問や相談を受けられるように研究室などにいる時間のようなので、やや僕らは教員的なものというより、フラットにMTGをしましょうということで、『スピードMTG』という名称でやっていっています。

 

シリアルアントレプレナーや投資先の社長にもスピードMTGが広がる

名古屋拠点でクラウド請求書のサービスを弥生会計の弥生株式会社にM&AされたMisoca社長でシリアルアントレプレナーの豊吉さんや奥村さんがMidland IncubatorsスピードMTGを名古屋で運営していたり、SV投資先のAIプログラミングサービスAidemyを運営する石川さんは、毎週社員・インターンの仲間集めや若手起業家からの相談などにAidemyスピードMTGを始めています。

 

 ワンダーナッツ中山さんも早速はじめました

  

スタートアップは社長の時間が本当に大切なので、このような仕組みを浸透させ、たくさんのマッチングが行われると良いなと思っています。

 

SVとのスピードMTG SEEDSへぜひご参加ください

最後まで読んで頂きありがとうございます。もしSVとのスピードMTG SEEDSに関心を持って頂いた方は下記よりエントリーください。

http://www.skyland.vc/seeds/

Skyland Venturesのリリース&メディア掲載まとめ(2018年)

2018年4月

2018年4月3日 起業するなら20歳代で ベンチャー投資家の助言 スカイランドベンチャーズ代表パートナー・木下慶彦さん(NIKKEI STYLE)

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO28573430W8A320C1000000?channel=DF180320167086

 ⇒日経さんにロングインタビューを載せていただきました。若いときに起業する方が良いよという話です。そしてU20投資先のこと、#HiveShibuyaのことなども書いて頂いています。

 

2018年1Q U20のシードスタートアップ投資加速&インキュベーション体制強化

2018年3月

f:id:skylandvc:20180403161705p:plain

2018年3月28日 UNDEFINEDがとくめいチャットアプリ「NYAGO」公開、East Ventures, Skyland Ventures, 大湯氏, 中川氏, 古川氏, 堀井氏らより約4,000万円の資金調達 |  

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000028775.html

 ⇒#HiveShibuyaで頑張っていた投資先スタートアップ。19歳に投資した話にも書きましたがとても期待しているチームです。

2018年3月26日 #U20フライング採用 はじめます

https://note.mu/kinoshitay/n/ne00f064d2b3d 

 ⇒記事にも書きましたが20歳以下のVC輩出を目指して行きます。

 

 2018年3月15日 Skyland Ventures、U20のシードスタートアップ投資を加速、加えてインキュベーション体制の強化を狙いベンチャーパートナーとして安藤 祐輔氏が参画(PR TIMES)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000008324.html

 ⇒NYAGOを運営するUNDEFINEDへのシード投資の発表と共に、U20への投資を積極化して行きます。そしてSkyland Venturesとして新たなメンバーとしてベンチャーパートナー安藤さんの加入が決まりました。これはかなり大きなインパクトで、成長し始めている投資先が飛躍することになると思っています。

 

 

Skyland Venturesの2018年のテーマと達成したい50のこと

2018年が始まりました。今年もよろしくお願いいたします。

 

瞬間最高風速をつくる

2018年のSkyland Venturesのテーマは、「瞬間最高風速をつくる」と言うものです。

 

ベンチャーキャピタル(VC)と言う仕事を始めてから約8年9ヶ月、Skyland Venturesを始めてから5年4ヶ月が経ちましたが、これまでのことを思い返すとほんの小さな成功体験と、大半の失敗体験しかありませんが、よく考えるのは短期間で一気に景色変えていけるスタートアップが強いと感じてます。

 

なので、この2018年でSkyland Ventures自体も各投資先も、瞬間最高風速をつくると言うことをテーマにしてやっていきたいと思っています。


遊びも、瞬間最高風速をつくる

私事ではありますが、2018年は1月2日-9日までの間を沖縄の那覇・北谷・名護・宮古島にて過ごしました。これは完全にプライベートで、Skyland Venturesをスタートしてから5年超で初めて1週間単位の長期休暇を取りました。

 

2017年10-12月は休日なく働いて、過去最多の16社に投資しましたが、2018年の1月は1週間くらい休もうと10月頃には決めていました。もちろん仕事でのトラブルがあればいつでも旅行自体をキャンセルするつもりで、飛行機やホテルは直前予約でしたが。

 

これまでも休暇を取ろうと思えばいつでも取れたとおもうのですが、20代で死ぬほど働いてないともうダメかと思ってましたし、そもそも仕事以外にやることもなく、これまで遊び方がよくわかってないので休みを取ってなにかをしようと考えたこともあまり無かったというのが正直なところです。

 

とりあえず、この年始の休みの期間は完全に遊んでみました。Twitterで発信してましたが、遊びぷりと沖縄への長期滞在ぷりで沖縄に移住するかの勢いと言われたくらいですが、自分の人生の32年間の中で、遊びの瞬間最高風速をつくることが出来たと思ってます。

 

尊敬する起業家であるビズリーチ南さんがたまにFacebookで発信してるWork Hard, Play Super Hard!を少し意識してやって行こうと思います。


Skyland Ventures(SV)が2018年に達成したい50のこと

 

新年の1週間の期間で十分な時間があったので、2018年に達成したい50のことを考えました。これらは2018年を走り抜けた、10-20年やったときに瞬間最高風速だったなと思える年にしたい。

 

50個くらいの目標を下記に書きます。どちらかと言うと完成度の高い目標をつくったと言うより、粗方もよいのでいま思いつくものを言語化した感じで、重要度が必ずしも高く無いものも多数含まれます。なので、トライアンドエラーしながらこの1月中は随時更新して、今年の目標を確定させたいと思ってます。


○Skyland Ventures関連
・SV、フライングで投資するのブランド価値を上げる

・発信力を上げる

・Twitterフォロワー3万人目指す

・YouTubeチャンネルの登録者数10000超

・SVの投資先など、身近なところにお金を使う良い方法を見つける

・SV社員・インターン卒業生向けの起業パッケージをつくる

・スタートアップ支援キットつくる 今やってるロールアップバナーをプレゼントするなどを進化させる。

 

○ファンド・資金調達
・新ファンド20億円組成する 2019.9までを目標とする

・大企業創業者などの新しいファミリーマネーから資金調達する

・日本で最もアクティブなシードVCとなる

・2018年50社のスタートアップへ投資する

・投資先のイグジットもしくは投資時の時価総額15倍以上になる会社を5社以上

・ICOを投資先が3社以上やる


○投資

・バカ東大生スタートアップに5社投資する

・京大生スタートアップに5社投資する

・早稲田生スタートアップに5社投資する

・U20スタートアップに10社投資する

・投資先の再起業スタートアップに投資する

・リアル産業のインターネット化のビジネスに1社投資し1年で急成長をつくる


○#HiveShibuya (ハイブ)やイベントなどスタートアップコミュニティづくり
・駒場、本郷に展開するなど東大生の集まる場所をつくる

・talikiと組んで、京都で年12回超イベントやる。京大生スタートアップコミュニティをつくる。

・コンセプトを変えたハイブ分室を渋谷につくる。例えば賃料を仮想通貨で支払うなどコンセプトを明確にしたい。

・ハイブの来訪者をデジタルデータ化する

・高3向けイベントを3月までに5回企画協力・スポンサーする

・TNK、アイセックなどの起業関連の学生団体との連携を強化する

・Skyland Venturesオリジナルのオフサイトイベントを中規模でやる。U20テーマにする?夏以降


○テック関連
・仮想通貨、動画、機械学習などテクノロジー分野への知識を強くする

・テック領域のメンターをつくる、ラボをつくる。


○SVの長期的な取り組み
・VC関連の名著と何かプロジェクトをする

・ウーマンラッシュアワー村本さんのような漫才師の人となんらかのプロジェクトをする

・堀潤さんのようなTwitterで発信力のあるジャーナリストの人とプロジェクトをする

・漫画家とプロジェクトをする

・クリエイター/アーティストとプロジェクトする


○プライベート
・年2回長期旅行

・海外に年4回以上
⇒台湾決定

・飛行機に年12回以上乗る
⇒沖縄、台湾、福岡 決定

・体力をつける

・ジムに70回行く

・体重を70kg割る 現73kg

・お笑いなどライブコンテンツを10回以上みる

・映画を24本以上みる

・本を50冊以上読む

・六本木へ引っ越し。2018年夏までに。

・生活レベルを上げる。民度を上げるが、浪費しない。


○学びなど
・いろんなことに好奇心を持つ

・伝統的なものと、新興勢力をよくウォッチする 事業やら何やら

・資本の論理を学び伝える

・起業したら起業家になり、VCなどからの投資などリスクマネーを得たらスタートアップになると言うのを伝える

・中国語学習する

・企業分析力を上げる。伸びてる事業を察知する能力を上げる。

 

など2018年のSkyland Venturesもよろしくお願いします。