Skyland Venturesブログ

The Seed Maker.

マクドナルドの創業ストーリーの映画 ファウンダーを見ました

引用:ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ : 作品情報 - 映画.com

 

マクドナルドの創業ストーリーの映画 ファウンダーを見た。

 

映画サイトより引用ですが

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店<マクドナルド>があった。合理的な流れ作業の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

 

マクドナルドを個人商店としてクオリティキープをしたいマクドナルド兄弟と、フランチャイズ契約を得たレイ・クロックの対立のドラマと成長ストーリーが描かれる。

 

マクドナルドの創業ストーリーには主に2つの転換があり、起業家必見と言える。

 

・個人事業からビジネスへ

レイクロックがマクドナルド兄弟がやっていたハンバーガー屋をフランチャイズビジネス提案をし、後に営業権を買い取ったこと。

 

・ハンバーガー屋から不動産屋へ
ハンバーガー屋のフランチャイズからのレベニューシェアモデルから、不動産屋となり各店舗を自社のリスクで借りて、フランチャイズにリースするビジネスにモデル転換したこと。

 

 

 

これらが世界全土に広がるマクドナルドのビジネススケールを大きくした。会社と言う仕組みは本当に面白くエキサイティングであると改めて思わされた。日本中に、世界中に、会社を創りまくろう!と言う気持ちに改めてなった。

 

レイ・クロックの自伝として有名な『成功はゴミ箱の中に』も合わせて読みたい。

成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝―世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者 (PRESIDENT BOOKS)

成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝―世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者 (PRESIDENT BOOKS)

  • 作者: レイ・A.クロック,ロバートアンダーソン,野地秩嘉,孫正義,柳井正,Ray Albert Kroc,Robert Anderson,野崎稚恵
  • 出版社/メーカー: プレジデント社
  • 発売日: 2007/01/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 9人 クリック: 354回
  • この商品を含むブログ (118件) を見る
 

 

マクドナルドの創業ストーリーの映画 ファウンダーを見た。 http://thefounder.jp/... | Facebook

『25歳以下』は全員、今すぐ『起業』しよう

早稲田OB起業家であるヤフー執行役員小澤さん、メルカリCEO山田進太郎さん、LINE CSMO舛田さん、リブセンスCEO村上さんなどインターネット企業のIPOやM&Aを経験した起業家が寄付して生まれた早稲田起業家講座の運営事務局をかれこれ4年に渡りしていますが今年も終了しました。僕も最終回にて講義をさせて頂きました。その中で思い出したことをブログにまとめてみたい。

 

絶対起業した方がいい

今年の講義では講義の大半が、絶対起業した方がいいと唱えていたのが印象的で、

ヤフーの小澤さんの講義ではこんな風に話があった。

 

ヤフー小澤さん

「起業を考えていない人も、人生の選択肢の中にいれた方がいい」と断言。

新入社員として入社し、役員にまでなれる人はほぼいません。そして、何よりも起業経験によって得られるものの多さが違う。

何物にも代え難い物を得ることができ、後に企業に入ったとしても、他の社員との戦闘力が全然違います。失敗しても経験が買われて、評価されるのだからやらない理由が見つからない。「つべこべ言わずにやってみろ」

「絶対に起業した方がいいぞ!」Yahoo!執行役員 小澤隆生さんとけんすうさんが語る、起業家として大切なこと - こだまdeしょうか?

 

学生のうちに遊ぶのは間違っている

けんすうさんは「学生のうちに遊んでおけよ」という人の話は聞かなくていいと定期的にツイートされている印象があるのだが、これはまさにだと思っている。

 

学生のうちに遊ぶ必要は本当に無い。ソフトバンク孫正義やFacebookマーク・ザッカーバーグが学生時代に遊んでいたかといえば、確実に遊んでいないし、むしろ成功した人で若いときに遊び散らかしてた人など聞いたこと無い。

 

起業とはいったいなんだろうか

僕はベンチャーキャピタル(VC)として大学卒業以来ずっと働いてきたので起業とは、起業家とはというのを考える日々を過ごしていますが、上場請負人と言われる素晴らしいエンジェルの方と今年出会う機会があり、そのときに言っていた整理が実は一番印象に残っていて、自分の講義ではそれを紹介した。

 

・起業家:自身のミッションを明確に持って活動する人

・起業家を助ける人:自身にミッションは無いが起業家に共感し、ミッション実現をサポートする人

・時給で働く人:自身にミッションは無く、ミッションの共感も無く、お金などのために働く人

 

f:id:skylandvc:20170723194106p:plain

 

この3つの人種がいると言う話をした。(ちなみにそこそこバズった)そして起業家として成功している人は結果的に大きなミッションを持っていると思う。

 

世の中の変化と向き合うためには

僕らのような仕事をしていてもAIやVR、ドローン、ロボティクスなどの新しい産業が次々出てきてキャッチアップが大変だと感じている。こういうテクノロジーや、世の中のトレンドによって大きく変わる世界で生き抜くには『時給で働く人』には難しいと思っていて、『起業家』や『起業を助ける人』として多くの若手に生きて行ってほしいと思っている。

 

全体的にそんな話をした。お時間あればスライドご覧ください。

www.slideshare.net

 

大学生など若い人向けに講演をするのは毎回とても新鮮な気持ちになれて良いものだと思っている。講演の機会があればぜひ呼んでください。

 

プロの目を通すこと

もう2ヶ月も前の話だが独立してVCを始めて以降5年弱の中で、集中的にリソースを使って取り組んで良かったことがある。それはSkyland Venturesのミッション、バリューを設定したことだ。

 

Skyland Venturesのミッション・バリュー
http://www.skyland.vc/mission/

 

これはTwitterから繋がったPARKと言うクリエイティブエージェンシーに3月末に依頼して、5月頭に完成したもので、約1ヶ月の共同プロジェクトだった。

 

彼らは期間内に

・SVメンバーのヒアリング
・投資先、出資者へのヒアリング
・業界のSWOT分析
・ミッション、バリューの方向性決め、アウトプット
・発信する際のリリース作成支援
などをやって貰いました。

 

新ミッション・バリューのリリースやIVSなどの場で発信してきたが評判は悪くない、むしろ評価されるケースが多く、Skyland Venturesらしさが出ているとのことを言われ、僕もそのように思ってます。

今回ご一緒したPARK http://parkinc.jp は面白法人カヤック出身のディレクター、デザイナー、コピーライターの3人で共同創業したクリエイティブエージェンシー。つい最近まで彼らのことは知らなくてて、自分でTwitterで探してコンタクトした。僕らはTwitterでスタートアップとの接点が主にあるので、僕らの外に発信して行く軸作りをしていく人はTwitterで探したいと思ったからだ。最初は冷やかしだと思われたらしいが。

 

ちなみに今回のブログでは彼らと良いミッションをつくったと言うのを自画自賛したいとかではなく、それ以来広がった人的な縁やインサイトはかなり多く、ふとそれを思いたったことが主題である。

特にわかりやすいのはコピーライターという職種の人と仕事したのは今回初で、他にコピーライターで僕が直接知っているのはNew Piece 高木新平さんくらいだった。

 

今回のプロジェクトの後、PARK 代表取締役/コピーライターの田村さんにはスタートアップなど周りの企業が

・サービス名やサービスコンセプト
・ミッション、ビジョン

などをアップデートしたときにこれはプロの目からどう映るか、評価は高いか低いかをチャットで教えて貰うようになった。

 

スタートアップにPRみたいな概念が出てきたり、大企業のようにテレビ取材にバンバン出れるようになったのはここ5-6年くらいな気がしていて、ソーシャルメディアのインフルエンスも広がる一方であり、言葉を伝える仕事の価値は高まって行くと思う。

なので、コピーライターなど言葉を伝えるプロの視点を通して良いか悪いかを議論出来る関係性は大事にすべきだと感じている。

 

同様に、VCは投資のプロであり彼らが絶賛している会社は成長ストーリーをシンクロ出来ていると言う事実もあると思っており、そう言う会社では何がいけてるのかを今後もヒアリングしながらやって行きたいと思っています。