Skyland Venturesブログ

The Seed Maker.

Skyland Ventures 2017年1Q(1-3月)の振り返り  

VCは普段何をしているのか?と聞かれることも多く、これからQの振り返りをブログに残しておきたいと考えています。残すことで後に価値があるのでは無いかと思っています。ちなみに年間の主要活動に関してはSkyland Ventures 2017の主な活動にも書いていく予定です。

 

Skyland Ventures

・総額9億円のSV2号ファンドの資金調達を2016年12月末に完了し、事後対応など

2016年4Qに一気に新規投資とファンドレイズに動いたので、その反動で事務処理対応や投資ポリシーとアクションを再度検討するタイミングへ。

 

・クリエイティブエージェンシーPARK社とのSkyland Venturesリブランディングプロジェクト開始。ミッション&バリューの再設定を開始。

PARKはディレクター、デザイナー、コピーライターの3人で3年前にスタートしたプロフェッショナルチームで構成されているクリエイティブエージェンシー。彼らは制作会社・代理店などを経て、カヤックにも在籍してきた人たちで、大企業とも仕事をしてきた人たちで仕事の仕方に学びが多いです。

 

 

彼らとの出会いはTwitterからでした。Twitterなどソーシャルで起業家を探している自分達として、次の一手を一緒に作る仲間を探すときに、Twitterをやっている人が良いと思い、Twitterでまず探して何人か面談し素晴らしい人達だったので彼らに依頼しました。これについてはまた書こうと思いますが、彼らとミーティングを始めた2017年3月から、とても前進感がある。

 

・WantedlyでSkyland Ventures自体の採用実施開始

SVのリブランディングに合わせて、2017年を新しい一歩にしたい。そのために組織化に取り組みます。SVとしてはCOO候補者として人事・広報プロフェッショナルとしてSV自体や投資先を支援出来る人に来て頂きたいと思っています。関心がある方はSkyland Venturesの Wantedlyよりお願いいたします。

エージェントの方には少し会い始めているのと、他の採用媒体なども考えたのですがスタートアップ数社の中で露出していないがサービス・組織が伸びてると感じる会社がみんな使っていたので、Wantedlyを有料契約をしました。運用としてはWantedly にてエントリーがある人はその日か次の日くらいに電話で15-30分Skypeなどで電話会議するようにしています。

ちなみに指定VCから支援を受けているスタートアップならウォンテッドリー/スタートアップ・プログラムを使えば3ヶ月無料プラン(10万円相当)がありますのでオススメです。

 

Skyland Ventures投資先関連

 

・新規・追加投資

Diverfront シード

ワンダーナッツ シード

ジラフ アーリー

など。非公開としているところもありますが、既存投資先への追加投資を数社に実施しました。

 

・数社のシード〜アーリーステージの資金調達

-八面六臂 アーリー 2.4億円 SMBCVCなど

-hachidori シード 1億円 ベクトル、エボラブルアジアなど

-Doki Doki シード 0.5億円 京都大学イノベーションキャピタル

など。その他、クロージングしたものもありますが、2Q中に随時発表予定です。

 

投資先支援など

・B Dash Campへ投資先6社が参加、U25サミット実施提案。

B Dash Camp 2017 Spring in Fukuokaに参加しましたにも書きましたがシード~アーリースタートアップにとって、次のVCを探すにはB Dash CampやIVSが素晴らしい場だと思っており、今回は6社参加しましたが、今後もシードスタートアップした1年目に参加するよう誘導して行きたいと思っています。

 

・IVSと連携してSkyland Ventures WAVE × IVS Launchpad 開催

イベント実施自体は4月頭でしたが、B Dash CampにてIVP小野さんに声をかけていただき、過去にもIVS Launch Pad審査員として参加させて頂いている縁もあり、若手スタートアップ向けにIVS予選会を開催しようとなり実施しました。スタートアップピッチコンテストSkyland Ventures WAVEを初開催。IVS Launch Pad への出場を賭け6社のスタートアップが参戦というリリースも出しましたが、WAVE という名前でピッチイベントプラットホームをつくり、Skyland Venturesの顔となるようにしていきたいと思います。

 

その他

・IR勉強会を始めました。投資先や投資予定先の本気の起業家に限って受け入れていますがいい感じでスタートを切れています。 

 

雑感

・全体的には打ち手の少ない時期となりました。他方、2017年2Qへの仕込みは多数進んでいて、この2017年2QはSkyland Venturesにとっての勝負のタイミングとなりそうです。

・B Dash CampやIVSなどの素晴らしい日本のスタートアップエコシステムに対してどう取り組むかを考えることが、2017年1Qにおいて大きなものだったように思います。

レシピ動画全盛時代に元祖レシピサイト クックパッドの主要KPIをまとめてみた

f:id:skylandvc:20170429195443j:plain

2017年4月現在、kurashiru [クラシル]DELISH KITCHENなどのレシピ動画のスマホアプリがTV CMを開始し、iOSアプリストアでは無料総合ランキングの10位以内に常時ランキングインしている。KURASHIRUを運営するdely CEO 堀江さんはインタビューなどでも動画版クックパッドを目指すと発信するなど元祖レシピサービスのクックパッドを意識しているが、今回クックパッドの2016年12月の決算などより主要KPIをまとめてみる。また、今回はほぼ触れないが2016年12月に公表されている通り、クックパッドもFacebookやInstagramでのレシピ動画サービスを開始している。

 

 

クックパッドの業績

f:id:skylandvc:20170429202518p:plain f:id:skylandvc:20170429202442p:plain

 

 

(2016年12月期 連結決算)

・売上 16,845 百万円 100.0%
・営業利益 5,012 百万円 29.8%
・当期利益 933 百万円 5.5%

(2016年12月期 単独決算)

・売上 14,450 百万円 100.0%
・営業利益 9,274 百万円 64.2%
・当期利益 2,805 百万円 19.4%

経営陣の交代のニュースにより経営方針変更があって以降、多くの投資先を売却するなどの処理や海外事業にて35億円(IFRS基準)の減損を行っているため連結決算の方が数字が悪くなっているようである。他方、単体決算に含まれるクックパッド本体・日本事業だけを見ると、2016年12月期(単体)売上約144億円、営業利益92億円(営業利益率64.2%)という超有料企業であることがわかる。

※以下、主に売上との対比を行う場合は、連結売上の数字を参考に記載する。

 

クックパッドの売上構造

f:id:skylandvc:20170429211436p:plain

 

2016年12月の売上構成比

・会員事業:8,901百万円(52.8%)

クックパッドのプレミアム会員サービスであるが公開データでは有料会員は180万人。月間ユーザー数6,327万人であるので課金ユーザー率は2.8%である。会員事業には詳細後述する。

 

・広告事業:5,089百万円(30.2%)

f:id:skylandvc:20170429213323p:plain

広告事業は直近Qでは1,490百万円であり、単月500百万円前後である。

その内訳は

-ネットワーク広告 425 百万円 28.5%
-ディスプレイ広告 470 百万円 31.5%
-タイアップ広告 588 百万円 39.5%

である。ネットワークはGoogleアドセンスなどであると思うがMAUあたり2.2円ほどであることがわかり、広告事業全体で考えるとMAUあたり7.8円の水準となる。ヤフーやLINEなどのMAUあたりの広告売上などとも今後比べて行きたいと思う。

 

・その他事業:2,855百万円(16/9%)

 

 

 

クックパッドのユーザー数

f:id:skylandvc:20170429212035p:plain

f:id:skylandvc:20170429212319p:plain

・月間ユーザー数(MAU)6237万人

-フィーチャーフォン 39万人 0.6%

-アプリ 936万人 14.8%

-スマートフォンブラウザ 3,977万人 62.9%

-PC 1,377万人 21.7%

 

・日次ユーザーDAU 500-600万人

 

・累計レシピ数 258万品

ここ3年、毎年30万品ずつ増えている。ユーザーから毎日1000弱のレシピが投稿されている。

f:id:skylandvc:20170429214141p:plain

会員事業売上は足元も伸ばしており、牽引しているのはレベニューシェア売上にある。

レベニューシェア売上は、クックパッド好業績の秘密は? ユーザー増を支えるIT基盤とビジネスモデルにも記載あるがNTTドコモとの提携によりdグルメの月額課金400円の中でクックパッドのレシピコンテンツを提供するというものがある。

 

2016年4Q

・会員事業売上 1,694百万円 70.2%

・レベニューシェア売上719百万円 9.5%

・会員事業全体 2,413百万円 100.0%

 

レベニューシェア売上は月間240百万円以上となっており、dグルメとのレベニューシェアがユーザーあたり200円とすると120万人の会員が、150円とすると160万人の会員がいることになる。 2016/3/28のニュースの時点でdグルメは会員数100万人を超えているため、ユーザーあたりのレベニューシェアは150~200円であるだろう。

 

f:id:skylandvc:20170429213029p:plain

・クックパッドの海外ユーザー3529万人

・うち、スペインユーザーが最大で1883万人(53.4%)

これだけ多くの海外ユーザーがいることは大きな驚きであると思う。国内6325万人を含めると約1億人へクックパッドというレシピサービスを提供していることになる。

 

クックパッドのコスト構造

f:id:skylandvc:20170429215703p:plain

クックパッドのコスト構造にて言及しておきたいのは

 

広告宣伝費 15百万円 (2016年4Q)

広告宣伝費 78百万円 (2016年12月期)

と、通期売上において0.4%ほどの水準になる。何と比較するかにもよるが驚異的に低い水準であるかと思います。ここ数年のスマホアプリにて成長を遂げた会社とは全く違う事業の伸ばし方といえるでしょう。

 

IRの中から気になるポイントは言及したつもりですが、クックパッドという巨大サービスのKPIを把握しながらどうクックパッドが動くか、レシピ動画運営のスタートアップがが動くかをウォッチしていきたいと思います。

 

○参考

・クックパッド2016年12月期の決算説明資料

https://cf.cpcdn.com/info/assets/wp-content/uploads/20170316210147/2016Q4jp.pdf

若手ベンチャーキャピタリスト(VC)を集めたMeetupに参加しました

f:id:skylandvc:20170423215329p:plain

先日、若手VCのMeetupがあったので諸々VCの仕事を振り返りする機会に。

・VC業界には20代から30オーバーくらいの若手層が最近、かなり増えた。B Dash CampやIVSなどにも多くの若手VCがスタッフ参加しているのが良いことだと感じていて、彼らの多くは独立系VCのアソシエイトである。彼らは投資銀行やコンサル出身者や大学生の頃から知っていた若手が大学卒業と共にVCアソシエイトになっている。人が集まったら次はここがコミュニティ化して行き全体レベルを、急速に上げれると良いと思う。
・国内のスタートアップシーン全体においても数の面では学生起業が増え、学生起業家層のエースは創業2-3年で台頭するようになり、とにかく若手層がグイグイ来ている。起業家と共に成長機会を得られるベンチャーキャピタリストも、若手がこれから増えて行くべきだと思う。関心ある人は僕でも誰でもベンチャーキャピタリストを訪ねて欲しい。
・自分のVC経験を振り返り、言及しておきたいのはVCは認識されることや面談したときの安心感を作らないと行けないと言うこと。大手VCであろうが、独立系VCであろうが、パートナーやアソシエイトであろうが基本的にVCと言う仕事は起業家から見て怪しい・警戒されやすい。なので会社としても、個人として認識知られている必要もあるし、良いイメージを持ってもらう必要がある。僕もとても下手だと思うが磨いて行きたい。
・安心感を作る観点では若手起業家層をターゲットに活動するとしたら、VCはTwitterとコワーキングスペースを運営すると良いと思っている。なので、これらは大事にしたいし、絶対続けて行くべきと感じているものです。
-Twitter:新しい人へのリーチする方法であり、その人のインサイトを継続的に相互に共有するためにもとても良い。僕は2012年夏に独立してから初期の投資先に若手が少ない、それはTwitter見てなかったことが確実に影響していると感じている。これははっきり言ってめちゃくちゃ反省している。その反動もあり、今はU25起業家への投資をメインにしているし毎日ツイートしたりしながら探している。投資先のメンバーとのマッチングが決まる例もチラホラ。
-コワーキングスペース:VCとして怪しくならないためにも・投資先との共同作業を増やすためにも、どこかに拠点を持って投資先のコミュニティ化を務めたほうが良いと思う。これは初期資金が無いから自社スペースを持とうと言う気にならなかったけれど、それじゃダメ。そう言うファンクション持つことが必須だと考えたらどうにかして実現に向けて動かないと行けない。小さく始めるなら10坪くらいを借りて投資先2-3社をそこに入ってもらってスタートでも良いと思う。 East Venturesと共同でやっている #HiveShibuya ももう直ぐスタート2年くらいの運営になりますがあそこが出来てから劇的に投資の問い合わせは増えました。ハイブの存在もまた大事にしたい。(2周年記念イベントやりたいですね)
などなど色々とVC業界のことについても、もっと考えて行きたい。Meetupホントに楽しい場でした。ありがとうございました。

 

若手VCミートアップだん!ここから何人の新しいVCパートナーや起業家が産まれて行くか。楽しみです。 | Facebook

昨日、若手VCのMeetupがあったので諸々VCの仕事を振り返りする機会に。... | Facebook

 

f:id:skylandvc:20170423220209p:plain

f:id:skylandvc:20170423220334p:plain

f:id:skylandvc:20170423220313p:plain

f:id:skylandvc:20170423220359p:plain

f:id:skylandvc:20170423220237p:plain