Skyland Venturesブログ

The Seed Maker.

クラウドキッチン事業を展開する X Kitchen に投資しました

f:id:skylandvc:20191210023355p:plain

Skyland Ventures(SV)は、クラウドキッチン事業を展開するX Kitchenへ投資を実行しました。学生起業家によるスタートアップであり、成長可能性のある事業領域にトライしており、SVのシンボリックな投資先となることに期待しています。X Kitchenは、2019年4月に設立し、7月から1ブランドをスタートし現在6ブランドのクラウドキッチンの店舗を運営しています。その若手らしいスピード感に対して尊敬しています。

 

大手企業から著名スタートアップ創業者まで参入、不動産の有効活用や外食のデータ分析の観点でも注目

クラウドキッチン事業は、こちらの記事によれば

 ・Sequoia Capitalの著名なベンチャー投資家であるMichael Moritz(マイケル・モリッツ)氏は、ファイナンシャル・タイムズにて、ロンドンを拠点に、低料金の自営の配達業者に近所のレストランから客に食事を届けさせる出前サービスで華々しい成功を収めたDeliverooを取り上げている。Amazonが当社に投資したことに関して、「かつては単に世界最大の本屋として知られていた企業が、世界最大のレストラン運営企業になる前触れかもしれない」

 ・出前は賃金が低いために最初から低コストであり、ドローンが出前を始めるようになれば、その原価中心点は完全に消えてなくなる。しかも、中央集中型のキッチンのお陰で、料理の原価も安くなろうとしている。

・いくつものレストランを開業しては閉店させてきたシェフEric Greenspan(エリック・グリーンスパン)氏は、クラウド・キッチンに関するショートドキュメンタリー番組でこう話していた。「出前はレストラン業界のなかでも、もっとも急速に成長している市場です。売り上げの10%からスタートして、今では売り上げの30%に達しています。さらに(業界の予測では)クイックサーブ・レストランの売り上げは、今後3年から5年の間に50〜60%になるでしょう。しかも、クイックサーブ・ブランドは、1日の売り上げをたんまり増やしてくれる重要な鍵になります」

Uber共同創業者のカラニック氏はCity Storage Systemsというスタートアップに1億5000万ドル(約163億円)を投資したと発表した。この企業は、持てあまされている不動産を、食事の出前など、新しい産業のために再利用する事業に特化している。同社はCloudKitchensを所有しており、フードチェーンの他にも、個人経営のレストランやフードトラックのオーナーを招き入れ、月額制で設備を貸し出している。追加料金を払えば、データ解析もやってもらえる。レストラン経営者に向けた宣伝文句は、CloudKitchensは間接費を減らして売り上げを伸ばす、というものだ。しかし同社は、テナントに関するあらゆる種類のデータや顧客の好みなどを、知らぬ間に蓄積している。将来いろいろな形でCloudKitchensの役に立つと思われる情報だ。この業界にAmazonが参入を望んでいたとしても不思議ではない。

 

など。このマーケットへの期待が見えてきます。

 

UBER Eatsで下記のX Kitchenのブランドを見つけたらぜひお試しください。

f:id:skylandvc:20191210062946p:plain